時事

香港で200万人デモ!完全撤回が求められる逃亡犯条例改正案の内容とは?

200万人もの香港住民が、逃亡犯条例改正案の完全撤回、林鄭月娥行政長官の辞任を求めて抗議デモを展開。焦点となった逃亡犯条例改正案は、容疑者の身柄引き渡し手続きを簡略化し、中国大陸にも刑事事件の容疑者を引き渡しできるようになることでした。
時事

ベネズエラでクーデター!インフレに端を発した難民続出で混乱はいつまで続くのか?

ベネズエラのマドゥロ大統領に対し、暫定大統領を宣言したグアイド国会議長が決起。クーデターは失敗に終わりますが、石油価格暴落によるハイパーインフレにより国内は混乱状態にあり、周辺国に国民の1割以上が難民として流出するという非常事態にあります。
時事

ゴーン会長逮捕!ゴーン体制後の日産、そしてルノーとの関係はどうなる?

ゴーン日産自動車前会長が逮捕されました。容疑は、役員報酬額を実際より少なく記載したという有価証券報告書への虚偽記載。1億円以上の役員報酬は個別開示することが義務付けられていますが、容疑が事実なら巨額の報酬を隠蔽していたことになります。
時事

天安門事件から30年!戦車でデモ隊を蹂躙した中国はどう変わったのか?

2019年6月4日で事件発生から30年を迎えた天安門事件。学生のデモ隊が中国政府に弾圧された事件で、戦車の前に立ちはだかる男性など、ショッキングな映像も残されており、共産党の一党独裁が続く中国がひた隠しにする事件となっています。
時事

徴用工問題でついに日本激怒!韓国が執拗に日本を貶める理由とは?

韓国の最高裁判所に当たる大法院で、新日本製鉄に強制徴用された韓国人4人へ1人あたり1億ウォンの損害賠償を命じました。1965年の日韓請求権協定で「解決済み」の事案のはずでしたが、韓国側が覆した形となり国家レベルでの問題となっています。
時事

トランプ大統領来日!気になる全日程、そしてこれからの日米関係はどうなる?

アメリカのトランプ大統領が、メラニア夫人を伴い、5月25日から3泊4日の日程で日本を訪問しました。サミットやオリンピックなどの国際的なイベントではなく、一国のみを訪問する期間として比較的長いということで内外の注目を集めました。
時事

メイ首相辞任へ!イギリスのブレグジット進展はどうなる?

イギリスのメイ首相は5月24日、EU離脱いわゆるブレグジットをめぐる混迷の責任を取って辞任すると表明しました。7月末までには次の首相が決定する見込みですが、混迷を極めるブレグジットの成否はどうなるのか。
時事

ファーウェイ大ピンチ!グーグルからのサポート停止措置でスマホの世界シェア返上?

グーグルはファーウェイへのハード、ソフトのサポートを停止したと発表。これはAndroidのアップデートの提供を停止されたことを意味し、Android端末のシェアが世界的規模を誇るファーウェイは激震に見舞われた格好です。